*

明治神宮初詣の混雑の時間帯はいつ? おすすめアクセス方法と駐車場

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 地域のイベント情報

パワースポットが並ぶ「太陽の道」の線上にある「明治神宮」。

都内で随一のパワースポットとして広大な自然に囲まれた「明治神宮」で初詣

 

【関連記事】

東京大神宮に初詣!混雑状時間帯は? 駐車場とアクセスの方法

 

御苑内(ぎょえんない)にある「清正井」を携帯の待ち受けにすると運気が向上するといわれ何かと運気向上の後利益があることで毎年初詣の参拝客数は、毎年ランキングに上がっています。

 

・初詣の期間と混雑状況
・穴場の駐車場
・アクセス方法
・おすすめ情報

 

大正9年(1920年)に創建、明治天皇、昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)のお二人を祀っている神社が「明治神宮」です。

その広さ、東京ドームの約15個分にも及ぶといわれる広大な敷地で境内には約245種、17万本木々の森に囲まれています。

 

初詣客数、毎年約300万人も訪れています。

本堂の手前にある木造の明神鳥居は日本最大の鳥居。

神聖なる鳥居をくぐる前に一礼は、必ず忘れないようにしましょう。

SPONSORED LINK

 

初詣の期間と混雑状況

日本で一番参拝客が多い神社でもありますのでかなりの混雑いたします。

 

大晦日から元旦にかけての時間帯が一番のピークですが、お賽銭箱にたどりつくには相当の覚悟が必要ですので、トイレは並ぶ前に必ず済ませましょう

迷子対策も必要になりますのでご注意ください。スリにもお気をつけください。

 

1

 

参考までに(2016年度の開門、閉門の時間です)

2015/12/31  6:40~0:00

大晦日~元日は終夜お参りできます

年越しは、閉門いたしません

 

2016/1/1      0:00~19:00ごろ

2016/1/2   6:40~18:30ごろ

2016/1/3   6:40~18:30ごろ

2016/1/4      6:40~18:00ごろ

(正月三が日の参拝時間は、状況により変更される可能性があります)

 

明治神宮は日の出とともに開門

日の入りと合わせて閉門しますので、月によって開門、閉門の時間が異なります。

 

動画 明治神宮初詣 2016 01 01

 

かなりの混雑ぶりがよくわかりますよ。

 

穴場の駐車場

原宿、代々木口から境内に車が入れますが、正月三が日は、車両が境内に入ることができませんので、公共の交通機関をご利用ください

大変周辺の混雑が予想されます。

 

1月4日~1月6日は、代々木口(北口)から入ることができます。

1月7日以降は、代々木口、原宿口の両面から入ることができるようになります。

1月9日~車のお祓いを承っています

 

2

 

どうしてもお車で行かれたい方へ。

渋滞は覚悟してください。

 

①渋谷区役所前公共地下駐車場24時間営業

年中無休

TEL 03-5458-8801

650台収容可能

料金自動精算機がクレジットカード対応

http://www007.upp.so-net.ne.jp/shibuya-parking/f_yokoso.htm

年末年始30分ごとに310円、夜間料金0:00~8:00は200円

 

②新宿駅西口駐車場

24時間営業

年中無休

TEL 03-3342-8117

380台収容可能

18:00から翌日8:00までの時間内で連続7時間以上駐車されますと、一律4,410円となります。(その後は時間貸し料金が発生します。)

 

基本料金30分ごとに 320円

 

駐車場近辺にある「小田急百貨店、ハルク、京王百貨店、ビックカメラ」で、お買いものを一定額すると2時間無料サービスが受けることができますが、元日に店舗が開店していればのお話ですので、各店舗にお問い合わせください。

 

渋谷区役所前公共地下駐車場、新宿駅西口駐車場両方ともプリペイドカードを販売されていますのでぜひそちらも活用いただければお得に駐車場代を節約できますね。

SPONSORED LINK

 

アクセス方法

場所:東京都渋谷区代々木神園町1-1

Tel :03-3379-5511

Fax :03-3379-5519

 

JR原宿駅表参道下車 徒歩約1分

地下鉄千代田線、副都心線明治神宮駅(原宿)下車 徒歩約1分

 

表参道ヒルズが徒歩約10分、ラフォーレ原宿が徒歩約6分ですので参拝のお帰りに寄り道も充分楽しめますよ。

 

明治神宮付近地図

 

おすすめ情報

御苑内(ぎょえんない)御苑内(ぎょえんない)にある「清正井」。

入園には500円(維持協力金)が必要です。

 

風がない時には、まるで水の鏡の様です。

 

3

 

この井戸を掘ったのが戦国武将の加藤清正といわれその名前から「清正井」といわれるようになりました

この井戸の水温が東京都の調査では四季を通して15度前後と一定して少し温かい。

 

「清正の井」がパワースポットとして広まったのはなんと手相で有名な島田周平さんがTVで紹介されてブレイクされました。

湧水には心が安らぎ、気の流れがよくなると言われています。

ぜひ、こちらで、携帯に写真を撮って待ち受け画像にして運気UPしましょう。

 

由緒正しき「明治神宮」、初詣に混雑はなかなか避けられませんが、運気向上の後利益がありますので頑張って防寒対策をしてお参りしましょう。

 

この記事が皆様のお参りに役に立ちますように。

いいお正月をお迎えください。

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

夏休みに子どもが喜ぶお出かけスポットは?関東編

もうすぐ待ちに待った夏休み‼ 『パパ、ママ、どこか連れて行って~!』 なんてお子さんから

記事を読む

成田山の初詣に混雑した時間帯を避けるには?アクセス方法と駐車場

初詣に人気のある「大本山成田山新勝寺」(なりたさんしんしょうじ) 「成田山」と呼ばれていて国の

記事を読む

鶴岡八幡宮での初詣!おすすめ時間帯? アクセス方法と駐車場の穴場

新年のご挨拶はどちらに行かれるご予定かお決まりになられましたか。 今回は鎌倉の鶴岡八幡宮の初詣

記事を読む

川崎大師で初詣の混雑する時間帯はいつ?駐車場とアクセス方法

神奈川県川崎市の川崎大師(川崎大師平間寺)。 大師は「だいし」と読みます。  

記事を読む

浅草寺で初詣!混雑する時間帯?穴場の駐車場とアクセス方法は?

「浅草寺」(せんそうじ)、お寺の読み方は主に音読みで読むことが多いのですが、浅草(あさくさ)にあるの

記事を読む

熱田神宮の初詣情報!混雑時間帯はいつ?穴場の駐車場、アクセス方法

お正月の三が日に約230万にもの参拝客が訪れる東海地方を代表する大社です。 伊勢の神宮に次ぐ尊

記事を読む

福島県「三春の滝桜」2017年ライトアップはされるの?アクセス方法

日本3大巨桜の1つの三春滝桜は国の天然記念物に指定された有名な長寿桜です。 その、三春滝桜の開

記事を読む

「札幌雪祭り」2017年のイベントスケジュールと交通アクセス

北海道の冬のイベントと言えば「札幌雪祭り」ですね。   毎年沢山の観光客が訪れ

記事を読む

2017年初詣の名古屋おすすめランキングと混雑状況は

今年も残り僅かになってきましたね。 東海地方「愛知県、静岡県、岐阜県、三重県」の4県の初詣のお

記事を読む

水戸・偕楽園「夜梅祭」2017年の開催日、見どころとアクセス方法は?

春の訪れとともに桜よりも先に咲くのが梅の花です。 梅の開花で春を感じる人もおおいでしょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑