*

成人式には行かない?成人式ぼっちとは?おすすめイベントは?

公開日: : 最終更新日:2016/11/07 季節の行事

成人式に一緒に行く友達がいない。

成人式で一人ぼっち、略して「成人式ぼっち」は、恥ずかしい?さびしい?

 

成人式に行く、行かないを決めるのは個人の自由ですよね

全員が成人式にいかないといけないわけでもなく、すでに就職をしていて成人式の日は仕事、遠方に住んでいるので行けない、ということもありますね。

 

でも、意外と親がうるさい、周りから「成人式は?」と、聞かれて困ってしまう方もいらっしゃいます。

 

【関連記事】

成人式の由来と意味は?どうして20歳から?英語で言うと?

 

1.成人式ぼっちでも参加
2.成人式に参加したくない方へ
3.成人式ぼっちの方におすすめのイベントは?

 

今回は、について紹介します。

SPONSORED LINK

 

成人式ぼっちで参加

一人で参加している方も沢山いますよ

式の前後、グループではしゃぐだけが目的ではありません。

 

成人式を厳かな式と考えて式終了後帰宅してもいいのではないでしょうか。

 

小さいころに嫌な思い出があり、その相手と会うのが嫌なら避ければいいのです。

意外と外見が変わって双方わからない場合もあります。

 

相手が昔のことを覚えなく嫌な思いをされた自分のみが気になっている場合もありますので、その点は気楽にして参加してもいいのではないでしょうか。

 

1

 

親御さんがどうしても成人式に行ってほしいというなら式だけでも参加すればいいことです。

正直なところ親御さんは式に出席をすることより晴れ姿をみたいだけのことが多いのですから、式典が終わったら式場に残る必要もありません。

 

そのまま、ぶらぶらしていても親御さんは、気にしませんが、帰宅後、両親にこれまでのお礼を述べて式にでて大人の自覚を持ちます、など感謝の気持ちをプレゼントしてはいかがでしょうか。きっと喜ばれますよ。

 

これから社会にでてからの「逃げ癖」をつけないために練習場として、式に参加

仕事、家庭面とこれからどんどん行きたくなくても参加しないといけない会が増えてきますのでスキルアップのためにつながりますよ

 

2

式に参加したくない方へ

義務ではないので、行かなくていいです

ペナルティがあるわけもなく、式に行かないといけないわけではありません。

 

成人式に行きたくない人は、小、中学の友達と疎遠になっているケースが多く、また、引っ越しで住民票がある市で受けるため知っている人誰もいないという場合など会場で知らない人ばかりなので成人式ぼっちになるのが嫌なら無理してストレスをためる必要はありません

 

どうしても参加したくなかったらこの日は外出を避けて引きこもりましょう

外に出ればどうしても晴れ着の女性が目に入って余計落ち込むことになります。

 

間違ってもTVを付けてはいけません

ニュースでも必ず楽しい成人式しか映りません。

 

SPONSORED LINK

 

TVに移っていて盛り上がっているグループの映像は、ごく一部の方々です。

例えば、夏の海水浴のビーチでビキニを着た女性が数名、楽しそうに遊んでいる風景が映し出されますが、ごくまれな風景です。

 

実際、ビーチに行くと、ビキニの女性だけで楽しんでいる風景は極稀ですので、その楽しい風景の中に自分が入れないから寂しく思えるのであって、小グループのはしゃぎの他に2~3人グループで昔を懐かしんで思い出を語るグループの方が断然多いので、とりあえず参加して嫌なら式後さっさと帰宅すればいいのです

 

成人式でいただける記念品目当てできたと割りきってもいいでしょう。

 

3

成人式ぼっちの方におすすめのイベントは?

自宅で親御さんに感謝の気持ちを込めてサプライズプレゼントをしてみてはいかがでしょうか、いつもなら恥ずかしくて言えなかった感謝の気持ちを手紙にして読んではいかがでしょうか。

 

花束やプレゼントを渡すのも自分だけでなく親御さんを喜ばせるイベントにすれば、成人式ぼっちなど怖くありません。

一生に一度の素敵なイベントになるに違いありません。

 

4

まとめ

成人式ぼっちは、誰だって好き好んでなりたいわけではありません。

式にでるということのみを重視すれば一人ぼっちは怖くありません

 

式にくる人の全員が自分の思い出の中の嫌な人でしょうか?

おそらくそのような方はいないはず、話し相手がいないと思っていても、隣の席に座った人が話かけてくれたり、自分が話しかけたりといろいろな出会のチャンスがあるのが成人式です。

 

参加するのは貴方次第です。

ぜひ、この記事が貴方の参考になりますように。

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

ひな祭りはどうして「桃の節句」と呼ばれるの?その由来と理由

3月3日と言ったら、、、ひな祭り!!と、すぐ頭に浮かびますよね。 そんなひな祭りの「桃の節句」

記事を読む

扇子とうちわの違いは?起源や歴史、素材は何?

暑い時に活躍するアイテムといえば"扇子"と"うちわ"ですね‼   さて、それで

記事を読む

2017年の夏至はいつ?意味や由来は?昼間が一番長い日

1年の中で昼間が一番長い日とされる『夏至』。 今回はそんな夏至について、由来や意味から風習まで

記事を読む

ハロウィンではどうして仮装をするの?いつが起源で由来は何か?

9月も後半になると、店頭にはハロウィンコーナーが並び、幼稚園や小学校の行事としても取り上げられるほど

記事を読む

8月8日は記念日がたくさん!面白い記念日を紹介

今回は、8月8日をテーマにお届けしていきます。 ただの日付に見えますが、実は沢山の記念日が詰ま

記事を読む

クリスマスのイルミネーションを家に飾り付けるならLEDがおすすめ

クリスマスが近づくと、イルミネーションを飾っていて素敵な家を見かけますよね☆  

記事を読む

スーパームーンはいつ見れるの?方角は?願い事が叶うのかな

皆さんはスーパームーンをご存知でしょうか? 満月には古来から不思議な力が備わっているといわてれ

記事を読む

6月6日はどうして「楽器の日」なの?意味と由来は?イベントは?

6月6日と聞いて思い浮かぶものはありますか?? …実は「楽器の日」という名の記念日となっていま

記事を読む

関西の桜の名所ランキングのベスト5!おすすめポイント紹介

もうすぐ春。 春に咲き誇る代表的な花「桜」。 お花見も色々な楽しみ方が、ありますが、みな

記事を読む

ハロウィンでかぼちゃでジャック・オー・ランタンを作るのはなぜ?

ハロウィンといえば、オレンジ色のかぼちゃをくり抜いたジャック・オー・ランタンのイメージが強いですよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑