*

残暑見舞いはいつから出すものなの?文例紹介

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 マナー・しきたり

今回は“残暑見舞い”について‼

『残暑見舞いっていつからなの?』

『暑中見舞いがいつまでだっけ?』…などなど。

 

疑問に思っていることを、これを機に解消していきましょう‼

残暑見舞いの基本的なことからマナー、そして文例まで分かりやすくまとめてみましたので、ぜひご参考にお役立てください♪

 

基本を押さえておくことでもしかしたら、今まで間違っていたことも発見できちゃうかもしれません…⁉

 

 

■残暑見舞いの時期
■マナーについて
■文例紹介

 

 

それでは、残暑見舞いの基本について覗いてみましょう‼

 

SPONSORED LINK

 

残暑見舞いの時期

◆残暑見舞いはいつからいつまで?

残暑見舞いは、8月7日頃から8月末までに出しましょう。

“残暑見舞い”とは、その名の通り暑さが残っている時期の事を指します。

その前の最も暑いとされる時期は、暑中見舞いとなります。

 

つまり、暑中見舞いが過ぎてから残暑見舞いを出すという事になります。

(※暑中見舞いは;7月7日頃~立秋の前の日まで。)

 

 

残暑見舞いを出すタイミングは、期間が過ぎないように注意しておきましょう!

そんな注意も含めて、次は残暑見舞いのマナーについて改めて学んでおきましょう。

 

ちなみに、暑中見舞いとしても言えるマナーも含まれていますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

マナーについて

◆残暑見舞いのマナー

 

・ネガティヴな言葉は控えよう!

…ネガティヴな言葉より、相手の健康を気遣う言葉を選びましょう。

 

・頭語と結語は入れないように!

…頭語とは;手紙などの初めの言葉。

『こんにちは』『拝啓』…。

結語とは;手紙などの最後となる文章の結びの言葉。

『さようなら』『敬具』…。

 

このような頭語や結語は、不要となります。

 

SPONSORED LINK


・残暑見舞いでは“盛夏”は使わないように!

…残暑見舞いの場合は、暑中見舞いと異なり盛夏ではなく『立秋』『葉月』などの言葉を選び使いましょう。

 

以上が、残暑見舞いの主なマナーとなります。

それでは‼お待たせいたしました。

残暑見舞いの文例をご紹介いたします。

ぜひ、ご参考になりましたらお役立てください‼

 

文例紹介

◆残暑見舞い文例-ビジネス-

残暑お見舞い申し上げます。

立秋が過ぎても厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

平素は別格のお引き立てにあずかり、心より御礼申し上げます。

 

このたび当社では、以下の期間をサマーセールといたします。

○月○日~○月○日

 

期間中は店内商品全品30%オフとさせていただき販売いたします。

スタッフ一同皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

平成○年 立秋

 

◆残暑見舞い文例-プライベート-

残暑お見舞い申し上げます。

 

立秋を過ぎても暑い日々が続いていますが、元気にお過ごしでしょうか?

 

私の方は、家族一同夏休みを満喫しております。

先日、息子にとって初めての釣りへ出かけたのですが、元気に飛び跳ねる魚を見て息子は吃驚した様子でした。(苦笑)

 

まだ暑い日が続きますが、どうぞご自愛ください。

 

平成○年  立秋

 

まとめ

残暑見舞いについてご参考になりましたでしょうか⁇

 

相手を気遣い出す手紙やはがきは、受け取る側も暖かい気持ちになりますよね

「私たちも元気に過ごしています」などの近況報告も、相手の楽しみの一つとなるのではないでしょうか…♪

 

 

SPONSORED LINK

関連記事

入院のお見舞い品とお見舞金の金額と相場。おすすめ品は?

結婚して家族や親戚が増えると親族や旦那様の友人などお付き合いが増えますよね。  

記事を読む

お盆の供え物は何がいい?のしはどのように書いたらいい?

もうすぐお盆の時期となりますね。 となると、親戚や知人の方の家へ訪問する方が多いかと思います。

記事を読む

送別会の案内状メールの書き方「異動」「退職」「定年退職」「寿退社」

春は、新たなスタートとともに、職場では「異動」「退職」などにより、お別れの時期でもありますね、、。

記事を読む

お見舞い金のお返しの相場は?いつすればいい?おすすめは何?

入院してお見舞いをもらったらお返しをするのが礼儀です。 でもいざお返しをする立場になると、いく

記事を読む

七五三でのお父さんお母さんの衣装は?妊婦の場合はどうするの?

初めての七五三、お父さんもお母さんも張り切る行事です。子どもの晴れ姿、記念に撮った写真はいつまでもそ

記事を読む

暑中見舞いの書き方プライベートとビジネスの文例

『暑中お見舞い申し上げます…』 この先は何を書いたら良いのだろう…と、ペンが止まってしまう事は

記事を読む

お彼岸にお墓参りをするのはどうして?いつ行けばいいの?

お盆に帰省した時にお墓参りはしたのに両親や姑からお彼岸はお墓参りいつ来るの?と聞かれると、お彼岸もお

記事を読む

厄払いの料金の相場は?服装はどうすればいいのか?方法は?

数えで男性は、4歳・13歳・25歳・42歳・61歳 女性は、4歳・13歳・19歳・33歳・37

記事を読む

雛人形はいつどんな方法で処分したらいいの?供養はすべき?

ひな祭りには、「女の子の健やかな成長の願い」を込めて、雛人形が飾られますよね‼  

記事を読む

梅雨入りや梅雨明けはいつ誰が決めるの?平均的な時期はいつ頃?

もうすぐ梅雨の時期が近づいてますね。 そうなると「いつ梅雨入りするのかな?」と気になる所ですよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑